堺風の頭部

徘徊、カメラ、PC、その他。

「DMでお話伺わせてください」に応じたけど態度が悪すぎて呆れた

 先日、アストラゼネカ製ワクチンの予約が大阪市で始まって、試してみたら予約が取れたので接種してきた。
 で、予約が取れた時点でTwitterに書いたんだけど、それに対して某テレビ番組のアカウントから、「DMでお話を伺わせてください」が来た。

 

 番組自体はまあ、そんな悪い印象がある番組じゃなかった。

 私の実家の家族が揃ってワクチン忌避してる(多分ネットのデマ鵜呑み)という状況もあって、多少なりとも情報を提供して、まともな認識が広まる一助になればと思ってたから、応諾した。

 

 そうしたらもう、呆れるほど態度悪いの。

(ただ、私はそれでも報道機関にそれなりの信は置いてるし、少なくともネットで「マスゴミ」といった語を使う人への信用はもっと遥かに低いので、そういう人と同調する気はないです)

 

続きを読む

最高獲得賞金のGI未勝利馬とか重賞未勝利馬とか

 ウマ娘になるのはスターホースばかりなので、GI未勝利というのは限られる。
 ゲームで、8月にエイシンフラッシュが実装されるまでに育成対象になった中で、GI未勝利というのはナイスネイチャハルウララくらい。

 マルゼンスキーもそうだという見方もあるけれどね。グレード制導入前の馬で、当時の朝日杯三歳ステークスは八大競走ではないからGI格といっていいかどうか。
 中央のGI未勝利、というならスマートファルコンも該当する。

 育成対象になってないなら、ユキノビジンツインターボメジロアルダンビコーペガサスマチカネタンホイザイクノディクタスも。

 

続きを読む

ワンダーパヒュームについて覚えていること

 私が競馬見てた頃は、やたらと大レースで故障・予後不良が多かった時期で、ライスシャワーサイレンススズカもちょうど見てしまった。ナリタブライアンブームで見るようになった世代はちょうどその世代に当たってしまう。

 GI格のレースを買った馬が競走中に予後不良になるのは、87年有馬記念サクラスターオーから、7年飛んで95年宝塚記念ライスシャワー、96年京都牝馬特別ワンダーパヒューム、97年ドバイワールドカップホクトベガ、98年天皇賞秋のサイレンススズカと4年連続した。
 奇しくも、2頭はウマ娘になっていて悲劇も知られている。
 ホクトベガは、もうなんというか、忘れられないくらい強かった。ダートが日陰だった頃とはいえ、本当に無敵だった。圧勝しかしてなかった。どう見ても日本一強かった。で、莫大な賞金で創設されて2年目のドバイワールドカップに殴り込んで、そのまま。遺体すら、検疫の都合で帰ってこれなかったらしい。

 それに比べると、ワンダーパヒュームって、地味だなあ。桜花賞馬なんだけどな。
 死んでしまったレースが、京都牝馬特別なんて地味なGIIIレース、ってのもあるだろうけど。

 これは私の20年以上前の記憶だから定かではないんだけれど、当時からあんまり騒がれずに、わりとさらっと流されてしまったような気もする。
 少なくとも、現代で口に上ることは、他の3頭より圧倒的に少ない。

 今の競馬ブーム的な時代なら、たまたま目にする人も多少増えるだろうから、覚えてることと今調べがつくことを書き残しておく。

続きを読む