堺風の頭部

徘徊、カメラ、PC、その他。

CD-Rが花形だった頃

 先日、デスクトップPCのBD-REドライブが力尽きた。

f:id:mubouan:20170410220850p:plain

 何しろモノがPioneerのBDR-203、BD-REドライブとしてはかなり早い時期、Pioneerでは市販初モデルというくらい古い。2009年ごろのものだ。
 7年は持ったBDR-203、さすがにモノがしっかりしていた。

 

 それで、私はまだまだ光学メディアを使うので、買い換えることにした。 

 以前、ノートPCをメインにしていた頃、BUFFALOのUSB外付けBD-REドライブを買って使っていたのだけれども、わりとあっさり壊れてしまった。
 やっぱり安いTSSTのドライブじゃ耐久性に欠けることを思い知ってしまったので、今度も信頼と実績のPioneer。

 

続きを読む

夏に暑苦しい歌なんて

今週のお題「私の『夏うた』」

続きを読む

PC修理を頼まれることについての諸々

 Windows XPのサポートが終了したのが、2014年4月。
 もう3年以上経過してしまった。

 3年といって気になるのが、そろそろハードディスクが飛ぶ頃だな、と。
 そして壊れたから助けてといわれることが増えると。
 今現在まだ大丈夫でも、ハードディスクは長くても5年くらいで壊れる。2013年あたりに買ったPCは、そろそろ壊れると思っておかないと危ない。
 まあ、いくつも頼まれるんだろうなあ。

 

 それで、壊れたのを修理することが多い身として、いくつか知っておいてほしいこと、やっておいてほしいことなど書いておこうと思う。

 特にまとまりのある話ではないけれど。 

 

続きを読む

結局スマホがAcer Liquid Z530になった

 Zenfone 2が今にもダメになりそうなヨレヨレの状態、買い換えるべく通販でポチったSAMURAI KIWAMIは不良品で返品、と紆余曲折を経たスマホ乗り換え問題。

 出かけてなんば駅に着いた途端にZenfone 2がフリーズし、前から起こっていたSIMカード認識トラブルが再発して復旧不能になったため、急遽日本橋でんでんタウンイオシスで、Acer Liquid Z530を購入した。

 しかし思いがけず、結構いい端末だった。

続きを読む

スマホの商品紹介に用いられている言葉の調査

 別に今に始まったことじゃないし外でも散々いわれているけれど、スマホ業界って、どうも言葉の使い方が変なのだ。

 ストレージ容量をROMと呼ぶ慣習は、言葉として完全に間違ってるだろう、とずいぶん言われているはずだけど、一向に改まらない。他にいろいろ表現のしようはあるだろうに。
 ハンドヘルドコンピューターであるはずのスマホで、コンピューターの用語をここまで変な使い方をするくらいだから、カメラ用語となるとこれもまた怪しい。

 そこで、いくつかの気になる表記について、日本で知名度が高いと思われるスマホのメーカー各社のホームページを当たって、どのような表記をしているかリストアップしてみた。

 

続きを読む

続・FREETELセレクトショップの中古端末購入レビュー

mubouan.hatenablog.com

 この続き。

 先に要旨をまとめると、

  • SAMURAI KIWAMIは返品することになった
  • バッテリー残量表示が、急激に減少する・充電中に急に100%になるなど異常動作が発現
  • バッテリーの実容量もかなり少ないようだった
  • WiFiも相当悪い状態
  • 返品の対応は速やかにしてくれた
  • 「メーカー整備済み」とは何だったのか、そこは不満

 といったところ。

 私はFREETEL SIMの満足度はかなり高いんだけれど、端末に関しては、今回でかなり大きく味噌をつけてしまったなあ。

 

続きを読む

Dysanのレトロフロッピーディスク

f:id:mubouan:20170621170555j:plain

 ハードオフのジャンク箱を覗いてみたら、こんなフロッピーディスクがあった。

 一応私もフロッピーディスク時代からパソコン使ってはいるんだけども、Dysanとは聞いたことがなかったので、ちょっと調べてみた。
 2017年に「Dysan」なんて聞いても「ダイソンのパチもん?」と思ってしまいかねないが、調べてみるとむしろダイソンのほうが20年も若い企業だった。

続きを読む