読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺風の頭部

徘徊、カメラ、PC、その他。

αSweet DIGITALとPROGRAM FLASH 3200i

カメラ

αSweet DIGITALでも、クリップオンストロボを使いたい。

のだが、一昔前のαは、なぜかホットシューの形状が完全に独自だった。αSweet DIGITALもそう。

 

別に、最先端の自動調光などフル機能バッチリで使いたい、なんて贅沢は言わない。

単にストロボは光るだけ、露出はマニュアルで調整する。それでいいのだが、物理的に取り付けられなきゃ仕方ない。

 

しかしαの独自形状シューでも、もう30年近い歴史があり、古いフィルムα用のストロボが捨て値で転がっている。 

で、ミノルタのPROGRAM FLASH 3200iというやつを発見したので、これをαSweet DIGITALに取り付けてみた。

 

PROGRAM FLASH 3200iについて

f:id:mubouan:20170226175918j:plain

適当極まりない写真であれだけども、これくらいの大きさの、GN32のフラッシュ。

よくあるご質問 | コニカミノルタ製品アフターサービス - 株式会社ケンコー・トキナー

品番から見て、おそらくα7000の次の世代、α7700i世代のものかと思う。

 

操作方法

f:id:mubouan:20170226182323j:plain

α7700iなり3700iなりと組み合わせれば自動調光する、見ての通りのフルオートフラッシュ。

手動で光量調整をしたりはできない。自動調光ができない環境ではフル発光しちゃうようだ。デジタルのαに取り付けるとフル発光。

電源スイッチすらオートらしくて、ホットシューに乗せたままカメラの電源を入れると、フラッシュのON/OFFが点灯する。これはαSweet DIGITALでも反応した。

また、28mm~85mmの範囲でズーミングし、照射範囲を変える。カメラのズームレンズを動かすと、フラッシュもモーターが作動してレンズが動く。これもαSweet DIGITALでも反応する。

Loボタンは、ガイドナンバーを1/4にする(光量1/16)にする低発光モード。(なぜそんなモードがあるかイマイチわからないが)

また、LEDのAF補助光を光らせる機能もある。これもαSweet DIGITALでも作動したが、どうも照射位置が上すぎて役に立たせにくい。かなり遠くないとだめだけど、遠いと今度は光量不足で効果がなさそうな。

電源は単三電池四本。チャージタイムは、アルカリ電池で最大5秒、ニッカド電池で最大3秒とのこと。

方向は前に固定で動かせない。天井バウンスなどは無理。

 

GN・焦点距離について

品番から見てGN32っぽいフラッシュで、まあそうなんだけど、ズームフラッシュなので、レンズの焦点距離によって変わる。

 28mm35mm50mm70mm85mm
GN 22 25 28 30 32
Lo 5.5 6.3 7 7.5 8

APS-Cのデジタルαで使う分には、焦点距離より照射角が広くなるから、ケラレる心配はないと思う。

 

αSweet DIGITALとの組み合わせでは

上でちょろちょろ書いてたので、まとめると、

  • 発光:する
  • 自動調光:不可・常時フル発光
  • ズーミング:レンズに連動する
  • AF補助光:3mほど離れれば有効
  • Loモード:使えない

ということで、フル発光するのを絞りで調整して使うことはできる。

Loモードが使えれば近距離でも使えるのだけど、なぜかホットシューに取り付けるとLoボタンが効かなくなる。まあ、Lo使う近距離だったら、内蔵ストロボ使うほうがいいんだけど。

 

AF補助光は、近いと場所が合わずにダメだけど、3mも離れればOK

αSweet DIGITALのAF補助光は、内蔵ストロボを連続発光させるタイプだから、ストロボのLEDでやってくれるとスマート。

 

実写

f:id:mubouan:20170226194004j:plain

AF24-50mmF4のワイド端。ISO100でF11。距離は、レンズの距離環で3メートル弱。

右手がちょい暗いのは遠いからだけど、左上がちょい暗い。照射角足りないのかな。

f:id:mubouan:20170226194133j:plain

AF24-50mmF4のテレ端。ISO100でF14。

テレにするとズームされて光量が上がってしまう。絞りが2/3段違って、大体同じ露出になった。

 

向きの変わらないストロボだから、天井バウンスのような気の利いたこともできない。フル発光固定だから、近距離では露出オーバーで使えなくなる。何に使うかな。

まあ、暗いところで遠くのものを撮らねばならないシーンなら使えるだろうか。そんなシーンがいつやってくるかわからんが。