読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堺風の頭部

徘徊、カメラ、PC、その他。

艦これACのデッキケースを作った

遅ればせながら、そろそろ酷い混雑でもなくなったので、艦これACをやり始めた。

で、カードを裸で持ち歩くわけにもいかず、何かケースがほしい。

 

http://hobby.dengeki.com/news/183039/

プライズで以前出てたらしいから通販で買ってみたのだが、なんか巨大な代物で、ちょっと持ち出せない。

普段持ち出すのには、1デッキ36枚+α程度とaimeカードが収まる程度のものがほしい。

しかしちょっと見当たらなかったので、自作してみた。

確か高校まで家庭科の授業があったから、その時以来で針と糸を使ったもんで、出来栄えはつらいのだが、まあ自分で使うからいい。

 

続きを読む

ジャパリパーク=共産主義社会説

以前、ゆるゆりは極左アニメでありごらく部は過激派セクトである、という鋭い指摘で極左過激派の陰謀を看破したが、またしてもアニメ界に新たな魔の手が伸びている。

現在大ヒット中の、「けものフレンズ」である。

 

アニメを見てもあきらかなように、フレンズが平和に平等にジャパリまんを食べて幸福に過ごしているジャパリパークの様子は、高度に進んだ科学技術とその社会的共有がフレンズを労働から解放した、共産主義社会の究極といえる。

整備なしにバスなどの機械設備もよく稼働し、太陽光発電などにより石油などの補給すら必要なくしている究極の技術力。食料たるジャパリまんも、フレンズ同士の捕食などを発生させずに安定供給されているほどだ。

私有財産についても、例えば発電設備はアルパカが使用していたが、求められれば無償で譲り、私有している様子はない。生産設備は共有される、実に共産主義的だ。

 

けものフレンズ共産主義を描いていることは明らかだ。

それを見て、日本人がジャパリパークに憧れフレンズになりたいと願うのは、もはや限界に近づいた資本主義社会の歪みが、共産主義の理想に目を向けさせているようにも思われる。

理想に憧れるのは当たり前だが、ジャパリパークが理想的共産主義社会であるという事実は認識した上で憧れるべきだろう。

 

続きを読む

多聞山城・奈良公園・鹿苑 (αSweet DIGITAL / AF ZOOM 24-50mm F4 New)

奈良の名城・多聞山城跡を見に行った。

αSweetにつける標準ズームとして、35-105mmじゃ使いづらいところ、24-50mmを見つけたのでその試写を。

 

それにしてもくそ寒い日であったなあ。私が寒さに弱かったら危なかった。寒さに強いフレンズなんだね。

 

続きを読む

映画鑑賞記「この世界の片隅に」

2016年は映画の当たり年だったのに、なんか映画を見に行ける状態になくって、「シン・ゴジラ」も「聲の形」も「帰ってきたヒトラー」も「デッドプール」も「HK アブノーマルクライシス」も「信長協奏曲」も「きんいろモザイクPretty Days」も観なかった。

平年なら全部観てたと思うんだけど、なんか心身とタイミングに余裕がないと、映画って行けんなるなあ。

それでどうにか気を取り直し、「この世界の片隅に」を見に行った。

(以下ネタバレする)

続きを読む

桑名城・清州城(αSweet DIGITAL / AF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 New)

αSweet DIGITAL | コニカミノルタ製品アフターサービス - 株式会社ケンコー・トキナー

もう12年も前のカメラだけど、αSweet DIGITALを買った。

ボディが2800円(バッテリーだけあり)、レンズが隣に980円で転がってたAF ZOOM 35-105mm F3.5-4.5 Newを一緒に合わせて、3780円で一式。

私が初めてデジタル一眼を買ったのは、フィルム時代から使っていたPENTAX Kマウント。で、2006年にK10Dが発売され、一気に中古に*istシリーズのボディが買い替えで流れ込んだのを買った。

別に資産というほどPENTAXレンズ持ってたわけでもなし、αSweet DIGITALも気になるカメラではあった。財布に5万円ほど多く入ってたらαにしてたかもしれないなあ。

続きを読む

デジカメの型番について

 大阪のカメラ屋さんのついーとで、こういう話を知った。

 

思えば、各社がいかに短いテレビCMにカメラの長所やセールスポイントを盛り込もうかと苦心する中、「きみまろズーム」とやっちゃうLUMIXはかなり上級デスメタルなデジカメではあったかもしれない。

www.nikkeibp.co.jp

続きを読む

3m離れて指紋を写せるか

www.sankei.com

(リンク先を読売テレビから産経新聞に変更しました)

巷で話題の、3mの距離から撮影した写真で指紋を読み取られる、という話。

以前、顔認識が発達したせいで、AVに出たことのある人が写真から特定できるようになってしまった……なんて怖い話があったもんだけど、今度は指でもそうなるのかと思うと、実にディストピア感があって面白い。

面白いので、ぜひ真に受けて、頑なに指の腹をカメラに向けない人とか、指紋や虹彩をガードするためにへんなもの身に付ける人が続出したりしてほしいところだ。21世紀セキュアファッション。

 

でまあ、こういう言い方するからには、私はあまり真に受けていない。

簡単な計算で真偽がわかる話に思えたので、計算してみよう。

続きを読む